【NYコレ17FW】Zadig & Voltaireメーキャップレポート

Zadig & Voltaire ザディグ エ ヴォルテール

ザディグ エ ヴォルテールの2017年秋冬コレクションは、アーティスティック・ディレクターのセシリア・ボンストロムが、ニューヨークのダウンタウンに連れて来られたパリの女の子をイメージして創った。

フランス生まれのブランドであるということがシルエットに多く反映されている。スーパータイトなレザーのバイカーパンツにグラフィックモチーフのニットを合わせるなど、まさに「ファッションエディターのオフスタイル」のようだ。続いて、オーバーサイズのロゴニットやパーカーをミニドレスのように着こなすなど、徐々に都会的でクールな雰囲気へとシフトする。気分は「ハイエネルギー!」

ディック・ページは、限定したモデルだけにレッド、ホワイト、イエローの不透明なペイントを施した。

「顔につけるアクセサリーを創った!」――ディック・ページ

目もと
インクストローク アイライナー ブラシ(2017年秋新商品)を使って、インクストローク アイライナーのクロミツ ブラウン(BR606)(2017年秋新商品)を上下のまつ毛の際にのせ、目もとをくっきりと際立たせ、さらにまつ毛の間にまでなじませる。仕上げに発色の良いレッドやイエロー、ホワイトのカラーを、上まつ毛の際から二重まぶたのラインの上まで水平に伸ばした。シマリング クリーム アイカラーのミスト(WT901)でもこの大胆なホワイトに近いルックを創ることができる。


ディック・ページは、ダークブラウン系のシマリング クリーム アイカラーのレザー(BR306)と、各モデルに最も似合う色のアイブロー スタイリング コンパクトを使用して眉を描き、その後ヘアスプレーをアイブローブラシに吹き付け眉をブラッシングして整えた。

口もと
ルージュ ルージュのルージュ ラム パンチ(RD504)を下唇中央の内側に塗ってなじませ、どことなくナチュラルな色合いに。


ルージュ ルージュのルージュ ラム パンチ(RD504)を頬骨の辺りにぼかし、ソフトピンクになるまでなじませほんのりと色づく頬に。

顔全体
素肌っぽさを残しながら、必要に応じてシンクロスキン グロー ルミナイジング フリュイドファンデーションを塗って色むらを整えた。

「今シーズンのコレクションはエネルギッシュで明るい色彩に溢れている。それを引き立てるために色の介入が特徴的なメーキャップを創り出した。服にアクセサリーを合わせるのと似ている。それぞれのスタイルが持つ活気に真実味を与えるんだ」――ディック・ページ
使用したアイテム

スキンケア製品
ベネフィアンス フルコレクション リップトリートメント

メーキャップ製品
シンクロスキン グロー ルミナイジング フリュイドファンデーション

インクストローク アイライナー:*2017年秋新商品
クロミツ ブラウン(BR606)

インクストローク アイライナー ブラシ*2017年秋新商品

シマリング クリーム アイカラー:
レザー(BR306)

ルージュ ルージュ:
ルージュ ラム パンチ(RD504)

アイブロー スタイリング コンパクト:
ディープブラウン(GY901)
ミディアムブラウン(BR602)
ライトブラウン(BR603)